増井敏雅さん 個展終了しました

2014.09.23

少し遅くなりましたが、とんぼ玉 増井敏雅展 無事終了させて頂きました。

伊勢御屋藝品店で初の製作実演のある個展、そして、器ではない作品の展示という事もあり、少しいつもと違う雰囲気で始まりました。

増井さんの卓越した技術を目の当たりにされたお客様の、表情がきらきらと輝いて見えて、そんな皆様に触発されて、増井さんもたくさんの作品を作ってみせて下さいました。

初日に見に来れなくて残念だった、と仰られて後日見えたお客様がたくさんお見えになり、次回は、実演をもう少し増やせたらいいなぁ、思いました。

やはり皆様、どうやってできているのか、どんな方が作って見えるのか、という事にとても興味があるのですね。

 

9日間、たくさんのお客様にご来店頂き、皆様それぞれにたくさんのとんぼ玉の中から,1つ選ばれるのが難しい、と仰られながら、楽しそうに悩んで見えるのが、とても微笑ましく、選び終えられた時の嬉しそな顔もまた印象的でした。

 

ご来店頂きましたお客さま。ありがとうございました。

そして、はるばる、伊勢の地までとんぼ玉を広めようと来て頂いた増井さんに感謝致します。

 

 

カテゴリー:
個展情報
タグ:
展覧会

増井敏雅さん 個展大盛況です

2014.09.17

13日より始まった増井敏雅 とんぼ玉展

初日の製作実演は、

 

 

実演.JPG

 

大盛況。

増井さん、お休みするまもなくとんぼ玉の出来る工程、模様の出し方、も要望の作り方など、とんぼ玉についてわかりやすく、丁寧にご教授頂きながら、実演をして下さいました。

 

みなさまの、わぁ。キレイ。すごい。素敵。楽しそう。と色々な感想をお話ししながら、製作をみつめておられました。

この機会で、とんぼ玉の魅力が皆様に伝わったのではないかと思います。

 

増井敏雅 とんぼ 玉展、21日まで開催しております。お近くにお寄りの際は是非ご来店頂き、美しいとんぼ玉をごらんになってみて下さいませ。

 

カテゴリー:
個展情報
タグ:
展覧会

トンボ玉作家 増井敏雅 個展のお知らせ

2014.08.23

次回の個展のご案内をさせて頂きます。

 

1998年に行われた瀬戸でのJapan Glass Art Societyという、世界のガラス関係者や様々な分野のガラス作家の交流の場を作って下さったり、一流の作家さんのデモンストレーションを見せて頂けるカンファレンスで、私の大学の先生のご紹介で、先生の友人である増井敏雅さんと知り合う事が出来ました。

美しく緻密なトンボ玉を作って見える増井さんですが、とても気さくでユーモアがあり、お洒落な方でした。

その後も、いつも色々な所でご活躍されているのを耳にし、作品を見る度に、やはり凄い方だなぁと、いつも尊敬しておりました。

 

あれから、はや16年。昔よりも更に活躍され、素敵な作品を作って見える増井さんに私がギャラリーを立ち上げた事を、お知らせすると、今回のありがたい個展のお話も、快くお引き受け下さり、伊勢御屋藝品店で増井敏雅さんをお招きしての展覧会が実現しました。

 

そして、初日には、増井さんの製作実演もして頂けることになり、私も1ファンとして、今からとても楽しみにしております。皆様もこの機会に日本を代表する匠の技をご高覧頂けたらと思います。

 

masui-DM1.jpg

 

masui-DMB.jpg

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
展覧会

勢田川を天の川に キャンドルナイト伊勢

2014.08.03

8月2日に、伊勢御屋藝品店のある河崎で、キャンドルナイトという毎年恒例のイベントが開かれました。

 

 7月に、ボランティアの方々と、近くを流れる勢田川という川を清掃する行事があり、こちらにも参加させて頂きましたが、いろいろな方々が川を綺麗にしよう、と草刈りや、ゴミ拾いをされてみえました。

 

 そして、キャンドルナイト当日、ボランティアの方々が、勢田川両岸計約10キロに渡って、10,000個のキャンドル

を並べ、点火

 

kawasakis.jpg

 

河崎の蔵の街並みとキャンドルの灯が、とても綺麗でした。

 

candles.jpg

 

色々な場所で、音楽イベントなども開かれ、いつもと違う河崎の雰囲気がなんともいえず、心地よかったです。

 

nights.jpg

 

素敵なイベントを支えたボランティアの皆様。お疲れ様でした。

また、来年が楽しみです。

新しくなりました

2014.07.29

以前より、ここは何屋さんですか?とご質問をされる事が多かった当ギャラリー。

一つには、神棚・神具店の併設ギャラリーという事で、たくさんの神棚と作品がある、少し不思議な

光景が目の前にある事があります。

皆様納得されると、面白い、いいね、と仰って頂くのですが、最初はやはり??となられるようです。

 

後一つの理由として、昼間には通りから見ると、中の様子がくらくて殆ど見えないから、のようです。

 

 そこで、扉にカッティングシートでご案内を入れさせて頂きました

 

door.JPG

 

貼るのが少しばかり難しかったですが、出来上がりに大満足です。

皆様、お近くにお寄りの際は、是非、ご覧頂き、お立ち寄り下さいませ。

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
ギャラリー情報

臨時休業のお知らせ

2014.06.27

明日から始まります個展準備のため、本日はお休みさせて頂きます。

 

  中野雄次 新作ガラス展 は 明日10時より開催致します。

  29日午後より、作家さんが金沢よりお越し下さり在廊されます。

  この機会に是非、お越しいただき、作品について、つくり方など、作家さんと直に語り合って

  頂けたらと思います。皆様のご来店お待ち致しております

 

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
展覧会

中野雄次 新作ガラス展のおしらせ

2014.06.21

 6月28日より中野雄次さんの新作展覧会を開催させて頂きます。

金沢を中心に活躍されている中野さん。三重県では今回初めての展覧会となります。

なんと29日には中野さんが在廊して下さることが決定致しました。

 

この機会に是非、ご来店頂き、作家さんとお話しされてみては如何ですか?

 

nakanoti-DM.jpg

nakano-DM-B.jpg

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
展覧会

庭師さんをお願いしています。

2014.06.13

garden.JPG

 

昨年の夏に手入れして以来、伸び放題の草に囲まれていた中庭。

ギャラリーのお部屋から見ていただける場所にあるので、夏に簾戸にかえる

までに、手入れがしたいなぁと思っていました。

 

 そんな中、古いご縁から、素敵な庭師さんに、手入れをして頂けることになりました。

 

 

 

 できるだけ、機械を使わない。

 その場、その場に合わせて、同じ木であっても剪定の仕方を変える。

 風を読んだ空間づくりを心掛ける。

 

 

 

など、こだわって作業されている姿は、作家が作品を仕上げて行く工程とどこかに通った所もありお話をしていてもとても勉強になりました。

 そして、やはり職人さんの後ろ姿は、素敵ですね

 

garden2-2.jpg

 

仕上がりがとても楽しみです。

出来上がったら、またこちらでお披露目させて頂きます。

 

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
ギャラリー情報

緊急告知。

2014.03.19

 

いよいよ、今週の三連休初日にあたる21日(金 祝・春分の日)より

『西田宣生展』が始まります。

 

 

その初日には、なんと予定にはなかった作家さんの在廊が急遽決定!

 

 

同じ陶芸家のあいだにも、ファンを持つ作家さんですので、

この機会にぜひ、ご本人に作品の解説やお話しを聞きながら、

作品を堪能いただいてはいかがでしょうか。

 

 

ご案内のDMにも書かせてもらいましたが、

高知龍馬空港の程近く、高知県南国市の西田宣生さんの工房へ

本個展の打ち合わせに訪ねたのが、昨秋9月のこと。

 

あれから、お電話や、メールなどでは何度も連絡をとらせていただいており、

先行して送っていただいた作品は拝見しておりますが、

直にお会いするのはそれ以来のことで、個人的にも、色々なお話しを聞かせて

いただいたり、新作の出来など非常に楽しみです。

 

 

明日は、その未だ見ぬ新作を携えて、ご来店いただきます。

今にも、作品を梱包から解いた時の鳥肌が立ちそうな気分です。

 

 

個展前日にあたる明日、3月20日(木)は、その作家さんとともに、

個展の準備、展示替えの為、ギャラリーはお休みとさせていただきます。

 

 

三連休のご予定が未だ決まってらっしゃらないお客様は、

ぜひ、この機会に伊勢河崎まで、お立ち寄りください。

 

 

 

カテゴリー:
お知らせ
タグ:
展覧会 , ギャラリー情報

ある朝の出来事

2014.03.15

 いつもよりも随分早い時間に、出社した日のこと。

 

 いつもなら慌ただしく通り過ぎてしまう道を少し余裕を持って通っていた所、

 近くの神社の前に一人のおばあさんが立っているのが見えました。

 何となく目が離せず、見ていると、鳥居の前でただ一心に手を合わせて拝んでみえるのです。

 

 時間的なものでしょうか、おばあさんの立っている場所には朝日が差込み、なんとも神々しく

見えたのです。

 そこだけ時間が止まってしまったように、心に残る光景でした。